トイレの水漏れの種類と修理について

トイレの水漏れの種類と修理について 生活場面でのトイレのトラブルの一つに、水漏れがあります。経年劣化による部品の劣化はもちろん、止水栓や給水管などの不具合もトラブルの一つです。しかし、実際に便器の水が止まらなくなったり、排水管や便器からの水漏れが止まらなくなったりすると、パニックになり得ます。その種類は複数あり、修理する方法もそれぞれ異なります。ドライバーやモンキーレンチなどの工具及び知識があれば簡単な修繕なら自分でできますが、排水管の交換など相応の技術が必要な場合には専門業者に依頼をする必要があります。水漏れの種類を確認することで、日ごろからの点検及び業者に依頼する際にも落ち着いた対応をすることができるでしょう。そこで、トイレで起こる水漏れの種類と修理方法について紹介をします。

■給水管接続部分の場合

トイレは、壁からの配管から止水栓が接続されています。分岐金具からタンクに至るまでの接続している管は給水管です。
近年では温水洗浄便座など機能性の高いトイレも開発されていますが、フレキシブルタイプの管が使用されていることが多くなっています。フレキシブルタイプの管が設置されていない場合は、鉄タイプの管が使用されています。それぞれナット部分にはパッキンが取り付けられており、寿命は概ね10年です。経年劣化に伴ってパッキンの劣化及びナットの緩みが原因となり、水漏れが起こります。ナットの緩みは、ねじに合った工具があれば自分でも修理をすることが可能です。パッキンはホームセンターでも販売されていて、サイズも概ね同じですから間違えることはないでしょう。それでも疑問に感じる場合は、専門業者やホームセンターにて確認をすることがおすすめです。

■タンクの場合
近年ではタンクレスタイプも開発されていますが、トイレタンクから水漏れが起きた場合には、おおむね床が濡れている状態となります。オーバーフロー菅に異常が生じている場合には、排水がスムーズにいかず、水漏れの原因となります。
タンクのふたを開けると、蛇腹ホースが手洗い器に取り付けられていることを確認できます。ナットの緩みなど接続ができていない場合には、工具があれば自分で修理をすることが可能です。ホースそのものに不具合が生じている場合には、ホームセンターで購入をしてからの交換となります。その際にホースを外した上で店舗で確認をすると同じものが手に入ります。

■止水栓や排水管接続部分の場合

トイレには床の下から出ている管として止水栓がついていますが、そこからも水漏れが起こり得ます。止水栓のパッキンは使用し続けることで摩擦で擦れ合います。それに伴い、不具合が生じ水漏れの原因となります。その場合は、家全体の水道の元栓を締めた上で、パッキンの交換及びナットの緩みを直すと改善されます。賃貸物件の場合は、トラブルを防ぐために大家さん及び管理会社にあらかじめ確認をしてください。
排水管接続部分の場合は、三角タンクなどの一昔前仕様のトイレのタイプにてトラブルが起こります。排水管がタンクから便器にわたって繋がれており、固定しているナットも少し大きめです。ナットの緩みの場合は工具を使って締めるようになりますが、それでも改善されない場合は、パッキンの不具合が疑われます。

■まとめ
近年では性能の高いトイレが開発されて、設置しているところも増えています。各種管及び止水栓からの水漏れが生じている場合には、工具を使って締めることで改善されることもあります。それでも改善されない場合は、パッキンや蛇腹ホースなどの部品の不具合が疑われます。ホームセンターでそれぞれ販売されており、部品交換レベルの場合は自分で修繕ができます。それでも改善されない場合は、水道管などにトラブルが生じており、トイレの交換など相応の技術を要すため、専門業者に依頼をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース