生活場面でありがちなトイレの水漏れや詰まり

生活場面でのトイレのトラブルには水漏れや詰まりがあります。日ごろの生活場面で予防をしたり自分で修理をしたりすることが必要となるものの、間違った対処はトラブルを大きくします。そこで、それぞれの場面におけるマメ知識を紹介します。

■水漏れの原因と対処について

近年では温水洗浄便座が開発されていますが、水漏れが発生してしまうこともあります。機械自体の不具合が原因となり、中の構造は複雑ですから修理にも相応の知識が求められます。その場合は、水道の元栓を締めた上で業者に修理を依頼する流れとなります。修理費用がかかる場合は、商品自体を交換することが必要です。
節水を心掛けている人も多いでしょう。しかし、間違ったやり方をするとトラブルにつながってしまいます。タンクに空のペットボトルを入れる方法をとっている人も多々いますが、タンク内のパーツをずらしてしまうことがあります。それにより水が止まらなくなり、水漏れにつながる恐れもありますので、注意が必要です。タンクに入れるタイプの洗浄剤を使用することによっても、部品の劣化やパーツを傷つけてしまうことがあるので、用途に合ったものを選ぶ必要があります。

■詰まりの原因と対処について

トイレの詰まりの原因として多いのは、大量にペーパーを流すこととティッシュなどの紙を流すことです。それぞれ一度で流す水圧では溶けきれずに、詰まってしまうようになります。特にお子さんがいる家庭では、おもちゃなどの異物を流してしまうこともよく起こるトラブルです。
ホームセンターなどで販売されているラバーカップを使ったり、お湯を流すことで修理することは可能です。それでも困難な場合は、専門業者に依頼をしましょう。

■まとめ
ウォシュレット 水漏れやトイレの詰まりなど生活場面でありがちなトラブルには対処法があります。ただし、間違った節水方法や修理は被害を大きくしてしまうのでやめるようにしましょう。お子さんがいる家庭では、おもちゃなどで詰まりを起こす可能性が高いので、日ごろの教育を兼ねて注意するようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ