トイレの水漏れ原因のあれこれ

生活場面で起こりうるトイレの水漏れの原因は、部品の経年劣化や故障もあります。日頃からの予防により防げることもありますが、知識を入れておくことでいざというときにも役立ちます。そこで、慌てないためのマメ知識を紹介します。

■結露が原因の場合

冬場にはトイレの床が濡れたり黒ずんだりすることがあります。原因は室温と湿度の変化に伴い便器と水温の温度差が発生することで、結露を引き起こします。
対策としてはまず水道水もしくは結露した水を残留塩素試験紙を用いて塩素濃度を確認します。水道水には塩素が含まれていますから、試験紙の反応は必ず表れます。その上で、水漏れか否かを確認しましょう。結露によって水が発生している場合は換気により温度差をなくすようにして、水道水の場合はどこから漏れているのかを究明するようにします。

■トイレの水漏れが止まらない場合

トイレの水漏れなど水のトラブルで、よくあることの一つが、流れが止まらなくなることです。ずっと流れている状態であり水道代もかさみますから、早めの対処が必要です。ボールタップやフロートバルブというものがトイレタンクの中に設置されていますが、経年劣化や接続不良に伴って不具合の起こることがあります。
さらにタンクと便器の間から水漏れすることも起きます。これらは分離できるようパッキンが取り付けられていますが、部品の劣化に伴って症状が表れますから、早めの交換が必要です。ディストリビューターというホースタイプのものを差し込んでいるタイプもありますが、亀裂に伴い水漏れが生じます。専門業者にて備品を取り扱っていますから、取り外す場合にはタンクや形式を確認したうえで、業者に依頼をすることがおすすめです。

■まとめ
冬場になると温度差に伴い結露が生じてしまい、水道の使用にも支障をきたします。トイレの水漏れが原因でない場合もありますから、塩素反応によって確認をすることがおすすめです。水の流れが止まらなくなった場合は、業者に依頼する場合を含めて、製品に合わせて部品交換や修理をするようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ