自分でできるトイレの水漏れトラブル

トイレの水漏れトラブルが生じた場合には、専門業者に依頼することも一つの方法です。応急処置を含めて可能な範囲で自分で修理をすることも必要になります。そこで、自分でできる可能性のある対処法について紹介をします。

■自分でできうる対処法

トイレタンク内における水漏れの場合ですが、給水を止める機構のずれのような簡単な修理の場合は、自分でも直すことができます。
パッキンの交換の場合は、工具があればホームセンターにて商品を購入したうえで作業をします。ナットの緩みの場合は、ドライバーなどの工具を使って自分で締めることも可能です。
その際に給水を止める作業をしますが、止水栓をドライバーを使って時計回しにして締めることで止まります。間に合わない場合には、10円硬貨があれば同じ要領で対応することができます。しかし、経年劣化などで止水栓が錆びついている場合には、無理に対処することはやめてください。
応急処置を含めてそれぞれの作業において自分では難しいと思った場合には、無理して作業をすることは控えるようにしましょう。

■自分では困難な対処法

自分では困難な場合について紹介をします。温水洗浄便座及び便器自体から水漏れが生じた場合には、便座及び便器自体の交換となり、配管の接続など相応の技術が必要です。
トイレ床からの水漏れの場合は、便器を外す作業があります。応急処置にて止水栓を止める以外はしないようにしましょう。
それぞれ専門業者へ依頼したうえで作業をすることが求められます。賃貸物件の場合は住民間トラブルを防ぐためにも、管理責任者にあらかじめ確認をしてください。

■まとめ
トイレ 水漏れのトラブルですが、簡単な部品交換や器具のずれなどは、工具と知識があれば自分で修理することができます。便座の交換や配管の接続が必要な作業は、自分ではしないで専門業者に依頼をするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ